こんにちは。【ニコ】です。

今回は『肌が黒いのが嫌だ』という方向けに

〈肌が黒い人が白い肌になるにはどうすればいいのか〉について解説していきます。

 

A子 最近、肌が日焼けしちゃった~

B子 嘘~そんなことないよ~
(いやお前全然焼けてねーじゃん(怒)

 

そんな経験やもともと肌が黒いから肌が白い人が羨ましいなど思ったことのある人がいるかと思います。

じゃあ、具体的に何をすれば白い肌になれるのかを解説していこうと思います。

肌が黒い人は白い肌になれるのか?

肌が黒い理由

人間には紫外線から遺伝子をまもるためにメラニン色素を分泌します
メラニン色素は黒色で、紫外線を反射する働きがあります。

簡単に言うとメラニンが肌を黒くして紫外線から肌を守ってくれるということなんです。

肌が黒いメリット

・病気になりにくい

紫外線から守ってくれるので病気にかかるリスクがすごく低下するんです。

具体的には皮膚がん、白内障、免疫機能の低下になる可能性を下げてくれます。

 

肌が黒い理由を見て分かった方もいると思いますが肌が白くなりたい人は『メラニン』の分泌を抑制すればいいんです。

つまり、『メラニン』を抑制することができれば白い肌になることが出来るんです。

結論、肌が黒い人でも肌が白くなることは可能ですなんです。

 

肌を白くしたい人が何をすればいいのか?

結論からいうと

  1. 豆乳を飲む
  2. 美白クリーム
  3. ビタミンをとる
  4. 日焼け止めを塗る

の4つをやれば白い肌を手にできます。※理由は後程、解説

 

豆乳を飲む

なぜ、豆乳が美白効果があるのか?

 

それは豆乳に含まれる

・サポニン ・ビタミン類 ・イソフラボン

この3つ成分たちが含まれているからなんです!サポニンには先ほど紹介した『メラニン』を抑制する効果があるからなんです。

その他の効果は下の画像を参考にしてください!

 

 

豆乳を飲むタイミング

必ず寝る前に飲むようにしてください。22:00~2:00の間はお肌のゴールデンタイムと言われており、ホルモンがたくさん生成され、この時間の前に飲むことで効果が最大に発揮されるんです。

 

美白クリーム

美白クリームにはメラニンの生成を抑える効果があります。また、シミやそばかすを予防する効果があるんです。

他にも、コラーゲンやヒアルロン酸、プラセンタエキス、アルブチン、そしてビタミンC誘導体などが配合されており、色んな効果が期待できるからなんです。

 

ビタミンを取る

肌荒れや肌を白くしたいそういった肌のこと全般に欠かせないのが

ビタミンです。ビタミンを取る方法として1番いいものは食べ物で取ることなんです!

しかし、食べ物の場合調理やお金が掛かってしまいます。

そこで、オススメしたいのがサプリメントです。※詳しくは下のリンク先で解説しています

 

サプリメントで美肌になりたい方はこちら

【もう、騙されない】ニキビに効くサプリメント比較

食べ物でビタミンを取りたい方はこちら

【思春期必見】ニキビを治すオススメ食べ物5選

 

日焼け止めを塗る

そもそも肌が黒い理由はメラニンが生成されることなんでその原因の紫外線を

カットするために日焼け止めは欠かせず塗りましょう。

豆知識

曇りの日の方が晴れている日より紫外線が強いので

曇りの日ほど日焼け止めを塗りましょう!

 

まとめ

ここで学んだことをおさらいして忘れないようにしていきましょう!

美肌になるためには?

  1. メラニンの生成を抑制する
  2. ビタミンを取る
  3. 曇りの日は日焼け止めを塗る

以上のことを気を付けて白い肌を作っていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です